ニキビの後のお肌の本格的なケアを可能にした「リプロスキン」。

 

リプロスキンの効果的使い方はどのようなものなのでしょうか?

 

正しい塗り方と注意点について調べてみました!

 

 

リプロスキンの効果的な使い方は?

リプロスキンを使う順番

洗顔⇒リプロスキン⇒美容液⇒乳液

 

リプロスキンは必ず洗顔後すぐの肌に使用してください。

 

リプロスキンをスキンケアの一番初めに使うことで、効果的に肌を柔軟にしてくれます!

 

リプロスキンの正しい塗り方

リプロスキンを3滴〜4滴手にとり、4・5秒手で温めてから顔全体になじませます。

 

これを2回繰り返します

 

最後に1〜2分間、手のひらで優しく押しこむようにしてリプロスキンを浸透させます。

 

この時は何もつけずに手の温度を肌に伝えるようなイメージで手で顔を覆います。

 

リプロスキン使い方が分かりやすい動画

リプロスキンの使い方を分かり易く説明した動画を以下のページから見ることが出来ます。

 

リプロスキン動画

 

リプロスキンの効果的な使い方

リプロスキンをつける前にホットタオルで毛穴を開く

リプロスキンを肌に塗る前にホットタオルなどで毛穴を開いておくと成分が浸透して効果が上がります。

 

リプロスキンの後にビタミンC誘導体のクリームかフェイスシートを使う

リプロスキンで肌を浸透しやすい状態にしてから、さらにビタミンC誘導体が配合されたフェイスシートを使って、ニキビ跡にビタミンCの成分を届けます。

 

ビタミンC誘導体は、色素沈着の原因となるメラニンの生成を防いだり、ターンオーバーの作用があるので、赤みニキビ跡に非常に効果的とされています。

 

それによって、赤みのニキビ跡や色素沈着に対してビタミンCがちゃんと届き、ニキビ跡が薄くなるスピードが上がります。

 

ニキビ跡が気になる箇所は、2回繰り返す

ニキビ跡が集中していたり、赤みが濃い箇所は2回繰り返すと効果的です。

 

その理由は、気になる部分にたっぷりと美容成分を届けるためです。

 

乳液やクリームは、油分が含まれているため、基本的には2度塗りしないほうが良いですが、リプロスキンはサラサラした化粧水なので、2度塗りしても問題ありません。

 

リプロスキンを使用する際に注意すること

コットンは使用しない方が良い

コットンを使うと摩擦でニキビを悪化させてしまいます。

 

手で馴染ませるようにつけると肌を刺激しないのでニキビ肌でも安心です。

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

 

  • リプロスキンを使う順番は以下の通り。
  • 洗顔⇒リプロスキン⇒美容液⇒乳液
  • リプロスキンの正しい塗り方は以下の通り。
  • リプロスキンを3滴〜4滴手にとり、4・5秒手で温めてから顔全体になじませこれを2回繰り返す。
    最後に1〜2分間、手のひらで優しく押しこむようにしてリプロスキンを浸透させる。
  • リプロスキンの効果的な使い方は以下の通り。
  • リプロスキンをつける前にホットタオルで毛穴を開く
  • リプロスキンの後にビタミンC誘導体のクリームかフェイスシートを使う
  • ニキビ跡が気になる箇所は、2回繰り返す
  • リプロスキンを使用する際には以下のことを注意する
  • コットンは使用しない方が良い

 



リプロスキン関連記事

リプロスキンの口コミでニキビ跡に効果なし等の悪い評判とかないの?

リプロスキン定期コースの解約方法は?【購入前に知っておきたい】